かぴんちょのほのぼのライフ

東京生まれ東京育ちなかぴんちょが日常を綴る。ガジェット、スポーツ、などなど。

【仕事】わたしの履歴書〜新聞配達

【仕事】わたしの履歴書〜新聞配達

前回は今までの仕事経験を一覧で紹介させていただきました。


過去記事はこちら

www.capincho-life.com


今回からは

  • どんな仕事内容だったか
  • 仕事をしてみての感想

を紹介していきたいと思います。


ということで、今回は「新聞配達」です。

仕事内容

  • 雇用形態:アルバイト
  • 期間:1年半くらい(高校生の頃)
  • 勤務時間:日曜のみ、朝3:00〜6:30くらいまで、夏休みには週4くらいで朝・夕刊も
  • 仕事内容:
    自転車で決められた範囲に新聞を配達する。
    大体な仕事の流れは以下です。

朝2時半位に起床し、バイト先へ
新聞に広告を挟む
新聞を自転車に積む
配達する

なぜ新聞配達をしたのか

以下が大きな決め手でした。

  • 週1回だけ
  • 給料が高校生にしては結構よかったから

使いみちは携帯代がメインだったので、月2万弱稼げればよかったので、
自分の条件にマッチしてたのです。
朝起きるのはものすごくきつかったですが、、、

新聞配達をして大変だったこと

  • 自転車に新聞を沢山積むから自転車を漕ぐのが大変

新聞配達用の自転車は前のかごが広く、後ろにも新聞を積みます。
最初に積む時にかなりの量を積みます。
どのくらいかもう忘れてしまいましたが、70〜多いときは100部くらいは積んでいたと思います。
(日曜の朝刊は広告が多いから分厚いんです><)
重さでいったら、前かごと後ろ合わせて50kgくらいはあったんじゃないかなと思います。
前かごに積んだ新聞で視野が狭くなるほどでした。


この積み方にはやり方があって、最初は教えてもらった通りにやるのですが、
徐々に自分なりの積み方を考えるのは楽しかったです(笑)


調子にのって積みすぎると重心を取るのが大変になり、自転車を倒してしまうこともあります。
自転車が倒れる=積んだ新聞がバラバラになる
なのでまた積み直すと時間のロスになります><。


  • 雨、雪、真夏の配達はキツイ

雨の日は前かごに大きいゴミ袋をかぶせたり、
新聞をビニール袋に入れないといけないので、大変でした。
雨の日には自転車に積む新聞の量も多少は少なくしますが、結構積んでいるので、
雨の日に自転車を倒してしまうと最悪です。
一人で積み直していると涙でそうになります><。
雪が降った翌日朝3時に凍った路面で滑って転んだ時には本当に泣きました><。


また、新聞をポストに入れるときですが、集合ポストがあると楽なのですが、
そうでない場合は各家に投函しないといけません。
そして、エレベーターがない場合は大変です!
団地の場合は、階段の上り下りを繰り返して、いい筋トレになります(笑)


自転車を降りて配達する時には、タスキを肩にかけて、
タスキと脇の隙間に新聞を持てる分挟みます。
真夏だと汗をかいているので、脇に挟むと汗で濡れてしまうので、
配る時にはジャージの上着を着たり、脇と新聞の間にタオルを挟んだりしました。


新聞配達をしてものすごく怖かったこと

以下は本当に怖かったです。

  • 急に飛び出してくる猫、吠える犬

真っ暗な中では本当にびっくりします。
ある程度慣れてくると、この家は犬を飼っている、この辺は野良猫がいると対策ができるようになってました。


  • 黒塗りの高級車が通りがかったり、ポストやドアに取り立てとかの貼り紙がされてる時

これ、本当に怖かったです。
初めてみた時には震えました。


新聞配達をして楽しかった・よかったこと

  • 感謝をされる

たまに飲み物をくださる方もいて、嬉しかったです。

  • 体力がつく・朝に強くなる


以上です。

バイトで新聞配達をしようと思っている方の参考になればと思います^^/